バリでの暮らし

バリ島はお米を食べる文化!我が家のお米とインディカ米の美味しい炊き方は?

更新日:

こんにちは、バリ島ウブド在住のikuです。

夫TAKASHIのアフィリエイト講座の合間に

私たちのバリ島暮らしの様子をお届けできればと

思います。

2016年5月にバリ島移住した私たち。

夫は日本に残って、移住に向けて頑張って

くれています。

昨年10月に娘もやってきて、今は私と10歳の

長女、3歳の長男の3人暮らしです。

インドネシアの主食はお米。

「米を食わなきゃご飯食べたって言わないよ!」
というくらい、バリ人はお米が大好き。

(それ以外はおやつ扱いらしい、笑)

ナシゴレン(インドネシア風チャーハン)
ナシクニン(ターメリックとココナツミルクで炊いたご飯)
ナシチャンプル(ご飯と色々おかずを混ぜながら食べる)

なんかが有名です。

唐辛子やスパイスがたっぷり使われたおかずにお米が合うんだよなー。

ナシクニンは円錐状に形を作り、

周りを色んなおかずで盛り付けたお祝い料理でもあります。

さながら日本で言うところの赤飯的扱いでしょうか。

この写真はお友達の新築パーティーの時のもの。

その日の主役がナシクニンのお山を崩してパーティースタートです!

バリのお米の種類は?

そんなバリのお米は日本のようにふっくらもちもちではなく、
細長くてパラっとしたタイプ。
そのまま炊いたら、まずおにぎりは無理。
冷めるとパッサパサで日本人にはイマイチ。

だからおかずと混ぜ混ぜして食べるのかなぁ。
こちらのおかずはどちらかといえば汁気のあるものが多い気がします。

そもそも食べ方が違うので、
求める米の質(もちもちとかふっくらとか)も違うんでしょうね。
日本人好みの食味を求めてもしょうがないけれど、
在住日本人の人たちは皆
「いかに美味しく米を炊くか」を研究してらっしゃる。

スーパーには25キロ入りの大袋が山積みになり、
ローカルの方がスクーターの足もとに乗せて帰る姿もよく見られます。
小さいサイズは5キロと1キロが主流なのかな。
白米の他にも、赤枚、黒米、玄米、オーガニック米やもち米も。

正直言って色んな種類があって迷っちゃう。
インドネシア語もよくわからないし。
日本のように保管状態もマチマチで、
オーガニック米が必ずしも美味しいとは限らない。。。

我が家で愛用してるお米はこちら!

Beras Sehat(ブラス セハッ)

直訳すると健康米?
おぉ、いいネーミングだ。

上の方にOrganicと書いてあります。
インドネシア語なのでよくわからないけど、
人に聞いたところによると、肥料がオーガニックだとか。
(お米がオーガニックじゃないんかい!と言うツッコミ)

たまに酸化したような匂いのお米もあったりしますが、
これはいつ買っても大丈夫。
そして比較的しっとり炊き上がります。

そして重要なのは炊き方。
普通に炊けば、もちろんパラパラ。。。
ここにも工夫が必要なんですね。

アジアのお米をふっくら炊くときの大事なポイント!

その1:研いだら少し(15~30分)給水させる
その2:炊飯器に氷を2~3個一緒に入れて炊く

この2つで炊きたてご飯はおにぎりにできます!
息子の幼稚園のお弁当には納豆巻きだって入れられちゃう。

この日は節分だったのですね、、、
恵方巻き的な納豆巻きと、豆まきに使ったピーナッツのおやつ。笑

ちなみに一晩給水させると、なぜかお米の芯が気になる私。
とはいえ朝は忙しいので、前の晩に研いじゃうんだけれど。

この前海外在住者のコミュニティーで、
日本米以外をふっくらツヤツヤに炊くコツというスレッドがあり、
「オリーブオイルを大さじ1入れる」
というのを見つけたので、
次回はココナツオイルを入れて実験して見たいと思います。

-バリでの暮らし

Copyright© Happy-Lifestyle Passport , 2020 All Rights Reserved.