ブログサイト準備・構築編

XサーバーでワードプレスをhttpからhttpsにSSL化する手順まとめ【重要・必須】

投稿日:

こんにちは、takashiです。

今回はエックスサーバーで独自SSLを導入する
手順についてご紹介したいと思います。

一般的に独自ドメインでも当サイトのように

http://hp-lifestyle.net/

https://hp-lifestyle.net/

の2タイプのアドレスになりますが、

httpのうしろにsが付いたサイトは暗号化された
独自SSL化(https化)されていて、一言で言うと

暗号化されていて安全なサイト運営が出来る

ということです。

ユーザーの利便性を最優先事項に考える
googleとしても

検索順位を決定する際の判断指標に利用する

と明言されており、今後より一層httpsでの
サイト運営が重要になってきます。

すなわち、httpのサイトをhttpsに切り替えると
検索順位で有利になり、かつ安全なサイトと
いうアピールにもなります

通常SSL化するには「SSLサーバー証明書」が
必要で一般的には有料で、しかも定期更新が
必要ですが、Xサーバーの場合は「無料」で、
しかも「更新が自動」で簡単です。

既に稼働しているサイトですと、httpの時の記事の
画像URL、内部リンクURLなどのURLを修正する
必要があるので、ものすごく面倒です。

ですので、これから更新を開始される貴方には
是非最初からhttpsのサイトへの設定をオススメ
致します。

Xサーバーで無料SSL【https】の取得方法

以下、Xサーバーの設定より

1. 「SSL設定」をクリック

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックしてください。

SSL設定をクリック

2. 「独自SSL設定の追加」をクリック

設定するドメインを選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

SSL設定の追加をクリック

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

3. 設定完了

一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映いたします。

追加完了

ワードプレスでのhttps設定方法

これで、あなたの独自ドメインをhttpsでの
表記が可能となりましたので、ワードプレスの
設定に移っていきます。

ワードプレスの管理画面から「設定 → 一般」
を開きます

「一般設定」にある以下の項目を変更します。

仮に私のこのサイトですと
https//hp-lifestyle.net/

ですが、こちらのアドレスを

https://hp-lifestyle.net/

へと変更します。

変更するのは以下の2つです。

WordPressアドレス(URL)
サイトアドレス(URL)

この二つをhttp⇒https

へと変更してみてください。

「変更を保存」

これでOKです。

サイト運営開始後ですと、様々な煩雑な処理が
発生してきますが、サイト運営開始前ですと
以上の処理さえ行えば問題なく運営できますので、
是非サイト開始直後での変更処理をオススメ
いたします。

-ブログサイト準備・構築編

Copyright© Happy-Lifestyle Passport , 2020 All Rights Reserved.